包茎の治療方法とは?いい病院の見つけかたを紹介します

2016年1月22日

包茎を治療する為には?

包茎を治療する場合は探し方としては主に2つの選択肢があります。一つは頻尿器科での手術、二つ目は包茎クリニックでの手術です。頻尿器科は真正包茎と診断された場合などは保険がきくので割安となります。仮性包茎などの場合は保険が効かないので注意してください。また頻尿器科は専門のスタッフも少ない為、技術的にも包茎クリニックでの治療をおすすめします。包茎専門クリニックは仕上がりも綺麗ですし男性スタッフも多いので細かい点で便利です。

包茎の治療方法と包茎の種類

包茎といっても色々な種類があります。主に3つに別れ仮性包茎、新生包茎、カントン包茎があります。包茎で最も多いのが仮性包茎で通常時は包皮が亀頭を覆っています。手でむくと亀頭を露出されることができます。カントン包茎はむくことはできますがむくと腫れてしまったりします。新生包茎は平常時でも剥くことができず早期の手術が必要になります。包茎手術ではどれも治療は可能で余分な包皮を取り除くことで亀頭を露出される、これが一般的な包茎手術の方法です。

包茎手術の流れの説明

包茎手術の流れを説明します。一般的なクリニックではまず最初にクリニックで予約するところから始まります。最初のカウンセリングなどは無料のところが多いです。まず気軽に相談しましょう。カウンセリングに納得できればすぐに手術することが可能です。所要時間は1時間くらいで終わります。その日に手術しなくても再度検討して手術することも可能です。手術が終わった後は抜糸などで再度クリニックに来店しますが時間はそれほどかからないです。

包茎の症状の現れ方には、個人差が大きく係わっていますが、なるべく早い段階で泌尿器科医の診察を受けることが勧められます。